ニュース 伊丹の最新情報

トップページ > ニュース


2012/01/30

「白雪蔵まつり」と「わっしょい!冬の元気まつり」が同時開催(2/12)


 近頃のあいさつの始まりは、「寒いですねぇ~」とか、「今日も冷えますねぇ~」ですよね。
 きっと、家の中で暖房器具とお友だちの方も多いはず。
 皆さん、気持ちが少し内向きになっていませんか?
 そんななか、いや、そんななかだからこそ、アウトドアで身体も気持ちも温まりませんか? 

 温まる素(もと)は、2月12日(日)に同時開催される、「第16回白雪蔵まつり」と「第10回わっしょい!冬の元気まつり」です。2つのイベントは、JR伊丹駅と阪急伊丹駅の丁度真ん中あたりにある長寿蔵や三軒寺前広場などを会場にして行われます。
 2つの会場は“隣り合わせ”と言っても良いぐらいの距離で、「冬の元気まつり」でパフォーマンスを行うダンスチームが、「白雪蔵まつり」の会場でもパフォーマンスを行います。まさに、同時開催の醍醐味というか、どこかで聞いたようなフレーズですが、『1日で2倍楽しむ』ことができます。

  それでは、それぞれの内容をご紹介します。
 ◎「第16回白雪蔵まつり」 
   お酒を飲める方だけでなく、ご家族で楽しめる、盛りだくさんの企画が用意されています。
 

s-昨年の様子(樽酒を振舞う、右から小西酒造社長、藤原伊丹市長、北嶋伊丹商工会議所会頭)

▲昨年の様子(樽酒を振舞う、右から小西酒造社長、藤原伊丹市長、北嶋伊丹商工会議所会頭)


 

s-昨年の様子(温ったかい『かす汁うどん』はまだかな?=伊丹市観光物産協会のお店です)

▲昨年の様子(温ったかい『かす汁うどん』はまだかな?=伊丹市観光物産協会のお店です)


 
  ◇日 時  2月12日(日) 10時~16時(小雨決行)
  ◇場 所  ブルワリービレッジ長寿蔵、富士山蔵、白雪本社及びその周辺
  ◇内 容  
    <長寿蔵会場>
      ・振舞い酒(鏡開きは、10時と13時)  ・地ビールの販売
      ・福袋の販売  ・ベルギービールカフェ(ホットビールの樽生)
    <富士山蔵会場>
      ・蔵見学  ・小学生による剣道演武
      ・もとすり唄披露
      ・当日限定「斗瓶取り大吟醸」の有料試飲 ・燗酒販売 ・試飲販売
      ・菰巻実演
    <白雪本社会場>
      ・  エアポリン   ジャズコンサート   ・落語
    <広場・通り会場>
      ・伊丹名物「かす汁うどん」、焼きそば、おでん等の各種屋台
      ・白雪食品の各種お漬物販売  
  ◇問い合わせ先  小西酒造株式会社総務部 (072)775-0524

 ◎「第10回わっしょい!冬の元気まつり」
   ダンスあり!ライブあり!迫力のステージに加えて、食べ物やバザーも満喫できる「冬の元気まつり」。今年もダンスチームや出店者のパフォーマンスで、とても盛り上がります。

 

s-昨年の様子(ダンスパフォーマンス(三軒寺前広場にて))

▲昨年の様子(ダンスパフォーマンス<三軒寺前広場にて>)

 

s-昨年の様子(観客と一体となったダンスパフォーマンス(長寿蔵にて))

▲昨年の様子(観客と一体となったダンスパフォーマンス<長寿蔵にて>)


  ◇日 時  2月12日(日) 10時~16時
  ◇場 所  三軒寺前広場、ブルワリービレッジ長寿蔵(ダンスステージのみ)
  ◇出場ダンスチーム
      安倉おきゃん、熱渡宝ZeRo、京の川クラぶ、K2.dance-soul、
      GENESIS、神桜舞-shinobi-、JUNGLE、スタジオエッジ、
      STUDIO move CREW、太鼓伝創の会「つぶて」、天小ソーラン部、
      みのおよさこい踊り子隊“凛”、遊.em、よさこい連「わ」
  ◇スケジュール概要
     <長寿蔵会場>
        11:00~11:49  1団体7分で、7チームがパフォーマンス
        14:00~14:49           〃
     <三軒寺前広場会場>
        11:00~11:45  大手前大学アコースティックサウンド部
        11:45~12:34  1団体7分で、7チームがパフォーマンス
        12:40~13:15  大手前大学アコースティックサウンド部
        13:15~14:04  1団体7分で、7チームがパフォーマンス
        14:15~15:30  フリーエントリー(ラストに総踊りを予定)
  ◇  三軒寺前広場では、サザエの壷焼き、牛すじ煮込み、ぜんざい、たこ焼き、
     寿司、自然薯てんぷら、蒸し団子、クレープ、生菓子、角煮、チーズドック、
     ラーメン、じゃがバター、水餃子、茹でうどん、おもちゃ、バザーなど、
     各種の屋台が出店します。
  ◇問い合わせ先  NPO法人いたみタウンセンター
                     (072)775-6727

2012/01/06

オトナの祭り「第2回伊丹郷町屋台村」(1/21・22)が開催されます!


 本日(1/6)は、「小寒」、いわゆる「寒の入り」です。これから節分までは、本格的な寒さが続く時期とされています。
 そんななかで、伊丹のまちを温かくしようと、熱い思いを持った個性派の料理人たちが、再び立ち上がります。それが、2回目を迎える『伊丹郷町屋台村』です。 

 昨年7月に初めて開催されたときは、家族や友だちと連れ立った方々で大変賑わい、自慢の一品と選りすぐられたお酒を手に、なごやかに談笑される姿が目立ちました。

 


s-おいしい物のためなら待ちます! 
▲おいしい物のためなら待ちます!(第1回目の様子)

 s-屋台村・談笑するグループ
   ▲談笑するグループ(第1回目の様子) 


 今回は、きのこのスープリゾット、肉巻きおにぎり、点心盛、さざえツボ焼、にゅうめん、海鮮入り串カツ5本盛、牛すじ煮込み、チーズフォンデュ、チキンティッカ、特製煮込みなど、盛りだくさんのこだわりの一品とともに、ひれ酒やホッとワインなど温かいお酒も充実し、冬ならではのメニューが取り揃えられます。

 また、関西を中心に活躍するミュージシャンのライブもあり、寒さに負けないホットな屋台村を、ぜひお楽しみください。

 開催日時等は、次の通りです。

【開催日時】   平成24年1月21日(土)・22日(日)  ※雨天決行
                                                               12:00~21:00
                                (ライブは、18:00にスタートします。)
【開催場所】   伊丹市三軒寺前広場(伊丹市中央2丁目)
                    ※ 阪急伊丹駅から徒歩3分・JR伊丹駅から徒歩6分

【主催・問い合わせ先】
               伊丹郷町商業会(TEL072-777-1369)
【後  援】      伊丹市
【協  力】      情報誌ぱど/オクダ酒店/(株)リカーズはしむら

2011/12/26

来年も「初日の出」は、伊丹スカイパークで!


 一年間の世相を漢字一字で表す『今年の漢字』は、『絆』。この語に象徴されるように、さまざまな出来事があった2011年も残すところあとわずかとなりました。
 来年こそは、希望に溢れた幸せな時間を過ごすことができる一年であってほしいと、心から願うばかりです。

 そこで、そうした思いを「初日の出」に託してみませんか?
 思いを託す場所は、伊丹スカイパークです。

 意外に思われる方があるかも知れませんが、伊丹スカイパークは、伊丹(大阪国際)空港の滑走路に隣接する総面積約9haの公園で、迫力のある飛行機の離着陸を間近かに見ることができる地形になっていることから、「初日の出」を遮るものがありません。

 


伊丹スカイパークから滑走路を臨む 
伊丹スカイパークから滑走路を臨む

 
 このことを利用して、伊丹スカイパークでは、多くの方々に「初日の出」をご覧いただきたいと、今年からお正月の三が日に早朝開園を実施しています。来年も1月1日から3日までの3日間、午前6時から開園しますので、是非ご来場ください。

 

 ちなみに、国立天文台天文情報センターの予報によると、2012年の伊丹市における「初日の出」の時刻は、1月1日午前7時6分です。

 

 詳しいことは、伊丹スカイパーク(072-772-3447)にお問い合わせください。

 


 伊丹スカイパーク2011年初日の出  
 伊丹スカイパークから見た今年の初日の出

2011/12/15

酒蔵羊かん「おにつら」を、伊丹市観光物産ギャラリーでも販売! 


 酒蔵羊かん「おにつら」は、伊丹市中央3の西洋懐石「アンシャンテ」が、「清酒発祥の地・伊丹」をPRする地域ブランド商品として開発し、今年7月から発売されています。

 

酒蔵羊羹

▲酒蔵羊かん「おにつら」

 

 商品名の「おにつら」は、“東の芭蕉、西の鬼貫”と俳聖・松尾芭蕉と並び称される、伊丹出身の俳人・上島鬼貫にちなんで名づけられたもので、岡山県産と北海道産の2種類の白小豆と、伊丹老松酒造の酒粕を使用し、砂糖・寒天で仕上げた、保存料などが無添加の羊かんです。ほんのりとした酒かすの味わいと上品な甘さが特徴で、1本1,300円(税込)です。


 賞味期限は未開封(冷蔵)で3ヶ月、開封後でも2週間あり、手土産にもおススメの逸品で、発売以来、大変ご好評をいただいています。

 これまではアンシャンテと伊丹老松酒造直売所のみの販売となっていましたが、10月15日からは、当・伊丹市観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F)でも取り扱うようになりました。

 いずれか3店の近くにお出かけになられたときは、是非、新しい伊丹のブランド商品をお買い求めください。

○西洋懐石「アンシャンテ」(三軒寺前広場すぐ)  TEL072-777-2741
○伊丹老松酒造直売所(三軒寺前広場前)       TEL072-782-2470
○伊丹市観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F)        TEL072-770-7060

2011/12/01

伊丹に夢空間が出現!『クリスマスのまち灯り』が実施されます。


 12月17日(土)~25日(日)の9日間、日没から午後9時頃まで、今年も伊丹酒蔵通りで『クリスマスのまち灯り』が実施されます。


昨年の様子(伊丹大溝跡で)
▲昨年の様子(伊丹大溝跡で)

 伊丹酒蔵通りは、JR伊丹駅と阪急伊丹駅を東西に結ぶ歩行者優先道路で、沿道には、歴史の香り豊かな酒蔵やお寺をはじめ、飲食店を中心とした現代風のおシャレなお店が並んでいます。

  『クリスマスのまち灯り』は、こうした沿道周辺の商店主の方々により組織される伊丹酒蔵通り協議会の主催で平成19年度から始まり、今年で5回目を迎えます。今やすっかり冬の風物詩として、たくさんの人々が心待ちにされるイベントに育ってきました。

 当日は、JR伊丹駅にほど近い本泉寺から三軒寺前広場手前の伊丹老松酒造に至る約400mの沿道の両側に、手づくりの行灯(あんどん)にサンタやトナカイ、クリスマスツリーなどのクリスマス・イルミネーションを組み合わせたオブジェが整然と置かれ、ほのかな灯りを通して光と影が織りなす絶妙のハーモニーを楽しむことができます。

昨年の様子(白雪長寿蔵前で)
▲昨年の様子(白雪長寿蔵前で)

昨年の様子(本泉寺前で)
▲昨年の様子(本泉寺前で)


 ぜひ、あなたも伊丹のまちなかに出現するファンタジックな夢空間を、ご自身で体験してください。

2011/10/28

大阪国際空港で「阪神北地域観光物産フェア」を開催します。


 11月1日(火)から30日(水)までの1ヶ月間、阪神北地域(伊丹市・宝塚市・川西市・三田市・猪名川町)の各市町と観光物産協会、商工会、また兵庫県阪神北県民局などが連携して、大阪国際空港南ターミナルビル1階で「阪神北地域観光物産フェア」を開催します。時間は、いずれの日も午前8時から午後7時までです。

 

昨年の観光物産フェア

 ▲昨年の様子


 このフェアは、年間約1,400万人もの人々が利用する大阪国際空港で、阪神北地域の観光・物産等を広くPRしようと、平成18年度から行っているもので、今年で6回目となります。

 期間中、各市町のお土産をはじめ、新しい商品や自慢の商品など、このフェアならではの商品を取り揃え、販売します。また、6日間ずつ各市町の特別販売期間を設けて、特に力を入れる商品などを販売するなど、魅力が一杯のフェアです。
 なお、今年は、北ターミナル1階で阪神北地域の魅力を紹介するパネル展を、このフェアに合わせて開催しますので、どうぞご覧ください。

 各市町の主な販売品は、次の通りです。
◇  伊丹市=各種奈良漬、かす汁うどん、酒粕せんべい、生ぽんず、とうふマヨ、
        酒蔵羊かん「おにつら」など
◇  宝塚市=歌劇せんべい、乙女まんじゅう、特製ロースハムスライスなど
◇  川西市=いちじく茶、いちじくスイーツなど
◇  三田市=自家製ロースハム、キッピーせんべい、松茸昆布など
◇  猪名川町=しし肉はるさめ、佃煮、猪名のささ焼きなど

 なお、伊丹市の特別販売期間は、11月1日(火)から6日(日)までの6日間で、3日(木・祝)・6日(日)には、伊丹市のマスコットキャラクター「たみまる」と、伊丹観光大使(伊丹ローズメイト)が来場します。是非、お気軽にお越しください。

2011/10/21

「第5回伊丹まちなかバル」は、11/12(土)です。


 5回目の「伊丹まちなかバル」が、11月12日(土)に実施されます。


 そして、驚くべきことは、な、な~んと、参加店の数が100店! またもや過去最高を更新しました。
 2009年10月に実施された第1回目は54店でスタートしましたが、2年を経た今回は、その約2倍を数えるまでになりました。

 

前回のバルの様子 
▲前回のバルの行列の様子

 

バルメニュー一例

▲前回のバルメニュー一例


 参加された方の人数も第1回目が約5千人、前回(第4回目)は約8千人と、大きなイベントに育ってきています。参加店は、カフェから和食、洋食、中華、焼肉、バーなどとバラエティに富み、回を重ねるごとに充実してきていますので、馴染みはもちろん、気になっていたお店に入るのも良し、はたまた新しいお店を開拓するのも良し、そのお店自慢の一品とワンドリンクをお楽しみください。きっとお気に入りのお店が見つかるはずです。

  また、「伊丹まちなかバル」ならではのお楽しみ、ミュージシャンがお店や軒先、貸切バスで生演奏を披露する「伊丹オトラクな一日」も同時開催されます。

 11月12日、伊丹のまちは盛り上がること間違いなし! ぜひ、良い出会いを!

 なお、「伊丹まちなかバル」に参加していただくには、バルチケットが必要です。チケットは、参加各店のほか、次の場所で購入できますので、あらかじめお買い求めください。

【前売券】
◇販売価格  3,000円(5枚綴り)
◇販売期間  10月11日(火)~11月11日(金)
          ※ただし、参加各店は11月10日(木)まで
◇販売場所  市立観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F)、みどり園(伊丹阪急駅ビル1F)
         伊丹老松酒造直売所、長寿蔵ショップ、

【当日券】
◇販売価格  3,500円(5枚綴り) 
          ※当日のみ、バラ売り(1枚700円)もあり(ただし、枚数に制限あり)。
◇販売場所  市立観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F/10時~20時)、
          市民まちづくりプラザ(伊丹阪急駅ビル3F/10時~20時)、
          三軒寺前広場特設インフォメーション(11時~22時)

 

※ その他詳しいことは、下記をご覧ください。
                    http://itami-tc.com/tyousa/ikkatujosei/bar.html

2011/10/20

酒粕を使ったソースとカレーを新発売!


 「清酒発祥の地 伊丹」をPRする地域ブランド商品として、酒粕を使った「酒かすソース」と、「伊丹酒粕カレー」が開発され、9月1日(木)から伊丹市観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F。072-770-7060)のほか、老松酒造直売所(伊丹市中央3)、スマイル阪神(伊丹市北本町3)で発売されています。なお、酒粕は、いずれも伊丹老松酒造株式会社の製造によるものです。 

 

 酒かすソース(右)と酒粕カレー(左)

▲酒かすソース(右)と酒粕カレー(左)


 「酒かすソース」は七星ソース株式会社(伊丹市西野3。072-781-1823)が開発したもので、酒粕の風味で口当たりが良くまろやかな味わいに仕上がっています。
 このソースは、フライものはもちろん、きゅうりやにんじんなどの野菜スティックにつけてもおいしく食べることができます。1000本の限定販売で、在庫がなくなり次第、販売は終了する予定ですので、お早めにお買い求めください。
 1本270mlで480円(税込)です。

 

 「伊丹酒粕カレー」は伊丹老松酒造株式会社(伊丹市中央3。072-782-2470)が開発した「中辛」のレトルトカレーです。地産地消にこだわり、酒粕はもちろん、水、油揚げ、加工でんぷん、玉ねぎなど多くの食材は、伊丹産のものを使用しており、これらがメイン食材の国産牛すじとベストマッチし、まろやかでコクのある味わいを楽しむことができます。
 1人前200g420円(税込)です。

2011/10/19

荒牧バラ公園・バラの開花情報です。


 伊丹市の北部にある「荒牧バラ公園」は関西屈指のバラ公園で、1.7haの広々とした園内には、最盛期にもなると約250種1万本の世界のバラが華やかに咲き誇り、宝塚歌劇のスターにちなんだ「天津乙女(あまつおとめ)」や、「マダム・ヴィオレ」といった世界的に名高い伊丹生まれのバラをはじめ、美しいバラの花の数々を見る事ができます。

 

荒牧バラ公園

 

荒牧バラ公園

▲荒牧バラ公園

 

 季節は10月初旬となり、いよいよ秋バラの見頃の時期が近づいてきました。予報によると、開花時期は10月20日前後のようです(10/7現在)。

 

 10月・11月は休園日がありませんので、秋晴れのもと、家族やグループでバラに囲まれて楽しい一日を過ごしてみませんか?

 

 最寄りの交通機関は、JR伊丹駅もしくは阪急伊丹駅前の市バス②番のりばから「荒牧バラ公園」行きに乗車し、終点で下車すぐ。または、JR伊丹駅もしくは阪急伊丹駅前の市バス番のりばから「鶴田団地」行きに乗車し、終点で下車。西へ約300m。

 

 なお、ばらの開花状況については、伊丹市立みどりのプラザのHPで随時お知らせしていますので、下記のアドレスをクリックしてください。

 

http://hccweb1.bai.ne.jp/midoriplaza/04_kaika/04.html

2011/10/19

合言葉は“元気”! 「第10回いたみわっしょい」の開催迫る。


 弾ける笑顔、熱い一体感 ――
 “元気”を合言葉に、会場狭しと繰り広げられる素晴らしい踊りやダンス。
 お待ちかねの「いたみわっしょい」の開催日が迫ってきました。

 

いたみホール総踊り(昨年の様子)

▲いたみホールでの総踊り(昨年のいたみわっしょい)

 

 節目の10回目を迎えた今年は、10月22日(土)午前10時~午後7時の間、いたみホール、三軒寺前広場、伊丹阪急駅ビル内で開催されます。

 

阪急伊丹駅4階会場(第8回いたみわっしょい)

▲阪急伊丹駅ビル4階会場(第8回いたみわっしょい)

 

 

三軒寺前広場(昨年の様子)

▲三軒寺前広場会場(昨年のいたみわっしょい)

 

 今年のテーマは、「元気のみなもと」で、ゲストの2チームを含めて34チームによる素晴らしいパフォーマンスがそれぞれの会場で披露され、伊丹のまちなかから元気が広がります。


 出場チームや各会場のタイムスケジュールなど、詳しいことは、下記をクリックしてください。

 

http://itami-tc.com/wassyoi/201110.html