伊丹市の行事・イベント

トップページ > 行事・イベント

行事・イベント

伊丹市では年間を通じて様々な行事やイベントが行われています。

年間スケジュールへ 年間スケジュールはこちら

行事・イベント一覧

T-BOLAN LIVE TOUR 2023-2024 “SINGLES”~波紋~ 

開催日 2024年6月16日(日) 開演 17:00 開場 16:00 【会場】大ホール
場所 東リ いたみホール 

T-BOLAN シングル全曲披露!
最初で最後のシングル・ベストツアー開催!
「離したくはない」「Bye For Now」「じれったい愛」「LOVE」「すれ違いの純情」「マリア」「刹那さを消せやしない」「おさえきれない この気持ち」「わがままに抱き合えたなら」・・・
日本音楽史に刻まれた名曲を、その目でその耳で。

詳しくはこちらをご覧ください。

Osaka Shion Wind Orchestra ドラゴンクエストコンサート in 伊丹

開催日 2024年4月13日(土) 開演 15:00 開場 14:00
場所 東リ いたみホール 

日本で最も長い歴史と伝統を誇る交響吹奏楽団”Osaka Shion Wind Orchestra”によるドラゴンクエストコンサートを開催。「ドラゴンクエストⅠ」「ドラゴンクエストⅡ」「ドラゴンクエストⅢ」のロトシリーズから選りすぐりの曲を迫力ある生演奏でお届けします。

詳しくはこちらをご覧ください。

junaida 展「IMAGINARIUM」

開催日 2024 年 4 月 12 日(金)~6 月 2 日(日)
場所 市立伊丹ミュージアム

『Michi』『の』『怪物園』(すべて福音館書店)など、近年出版した絵本がいずれも話題の画家、 junaida(ジュナイダ、1978-)。ヨーロッパを思わせる謎めいた世界に、細密に描きこまれた人物や背景。鮮やかな色彩の中に、明るさと闇が共存する不思議な世界観が大きな注目を集めています。
このたび、たゆまぬ冒険をつづける junaida初の大規模個展「IMAGINARIUM」巡回展を市立伊丹ミュージアムで開催します。赤や金に彩られた異世界に、絵本原画や一枚絵として描かれた400点超の作品を展示いたします。本展のために描き下ろした作品や、空想世界の全貌をお楽しみください。
また、展覧会図録をはじめ、オリジナルのミュージアムグッズを多数販売します。広報物や図録のデザインは『の』『怪物園』などのブックデザインを手掛けるコズフィッシュが担当します。

詳しくはこちらをご覧ください。

伊丹シティフィルハーモニー管弦楽団 名曲コンサート vol.32

開催日 2024年3月24日(日曜日) 14:00開演(13:30開場)
場所 伊丹アイフォニックホール

プログラム予定
・ヨハン・シュトラウス2世
喜歌劇《ジプシー男爵》序曲
・ニコライ・リムスキー=コルサコフ
スペイン奇想曲 Op.34
・ドミートリィ・ショスタコーヴィチ
交響曲第5番 ニ短調「革命」Op.47

詳しくはこちらをご覧ください。

土井善晴 講演会 「生活を豊かにする食との関わり方」

開催日 2024年3月15日(金) 開演 14:00 開場 13:30
場所 東リ いたみホール 

テレビや著書など幅広い分野で活躍されている料理研究家の土井善晴さんによる、食をテーマにした講演会!食への知識や興味を深め、これからの食事づくりの在り方を土井さんと一緒に考えてみませんか。

詳しくはこちらをご覧ください。

卓球練習会

開催日 令和6年3月12日
場所 伊丹市立 伊丹スポーツセンター

卓球練習会を開催いたします。

詳しくはこちらをご覧ください。

桂米朝一門 いたみ寄席

開催日 2024年3月8日(金)【開演】18:30(開場18:00)
場所 東リ いたみホール 

20年以上に渡り愛される定番公演「いたみ寄席」。
小規模で落ち着いた会場で、生の落語の醍醐味が味わえる公演です。
桂 八十八は2022年の当館での襲名記念公演以来の出演となります。
NHK新人落語大賞大賞を受賞した桂 慶治朗も出演!
春のいたみ寄席、ぜひお楽しみください。

【出演】桂 八十八、桂 紅雀、桂 まん我、桂 慶治朗、桂 りょうば

詳しくはこちらをご覧ください。

I/M Collection展

開催日 2024年3月2日(土)〜24日(日)
場所 市立伊丹ミュージアム

「I/M Collection(アイム・コレクション)」展は、市立伊丹ミュージアムが収蔵する美術・工芸・歴史の多分野にわたる作品資料と、公益財団法人柿衞文庫が収蔵する俳諧俳句の作品資料を、みなさまに知っていただきたい!という想いから企画した展覧会です。収蔵品を代表する作品や資料をはじめ、マニアックだけれども貴重なもの、これまで展示される機会に恵まれなかったもの、そして新たに収蔵されたものなどを学芸員の推し解説を交えてご紹介します。はじめての開催となる今回は、「色彩の魔術師」と呼ばれたフランスの近代画家ラウル・デュフィの《海の女神(アンフィトリテ)》や、松尾芭蕉の「ふる池や」句短冊などの代表作に加え、上島鬼貫の画巻や、藤田喬平の飾筥「紅白梅」など、早春にふさわしい華やかな作品もご紹介。さまざまな分野の資料約50点による共鳴をお楽しみください。

詳しくはこちらをご覧ください。

テニス交流会

開催日 令和6年2月28日
場所 伊丹市立 伊丹スポーツセンター

交流会の中でゲームとレクチャーを行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

高田泰治リサイタル チェンバロの午後 

開催日 2024年2月24日(土) 開演 14:00 開場 13:30
場所 東リ いたみホール 

バロックの秘めたる輝き
今回のサロンコンサートでは、日本テレマン協会より鍵盤奏者の高田泰治氏を迎え、バッハやクープランの楽曲を中心に、チェンバロ・ソロリサイタルを開催いたします。
ゆったりとした土曜日の午後に、チェンバロの繊細な音色とバロック音楽の優雅な響きをお楽しみください。

詳しくはこちらをご覧ください。

第135回イタミ朝マルシェ

開催日 令和6年 2月18日(日) 朝8時~11時 (雨天中止)
場所 伊丹三軒寺前広場(伊丹市中央2丁目)

この行事・イベントは終了しました

いたmeets(み~つ) 子どもと楽しむフェスティバル2024

開催日 2024年2月17日(土)、2月18日(日)
場所 東リ いたみホール 

この行事・イベントは終了しました

宮沢和史 伊丹にて愛と平和を歌う Love Songコンサート2024 

開催日 2024年2月12日(月祝) 開演 16:00 開場 15:00
場所 東リ いたみホール 

この行事・イベントは終了しました

『いたみ冬の元気まつり2024』

開催日 2024年2月11日(日) 10:00~16:00(小雨決行)
場所 三軒寺前広場(伊丹市中央2 付近)

この行事・イベントは終了しました

みんなとつくるお芝居 “かむじゆうのぼうけん”シリーズ かむじゆうともぐっと

開催日 2024年2月10日(土)
場所 東リ いたみホール 

この行事・イベントは終了しました

企画展「伊丹の自然」

開催日 2024年1月31日〜2024年5月6日
場所 伊丹市昆虫館

伊丹に生息する生物たちを紹介します。鳥や哺乳類の剥製標本の展示や、昆陽池公園に生息する哺乳類の動画も必見です。
昆虫館学芸スタッフの「伊丹の推し虫」標本箱も見どころです。

詳しくはこちらをご覧ください。

第38回伊丹市民オペラ定期公演 G.ヴェルディ作曲「ナブッコ」

開催日 2024年1月28日(日)14:00開演(13:30開場)
場所 東リ いたみホール 

この行事・イベントは終了しました

いたみ寄席 桂米朝一門会

開催日 2024年1月12日(金)【開演】18:30(開場18:00)
場所 東リ いたみホール 

この行事・イベントは終了しました

牡丹靖佳展 月にのぼり、地にもぐる

開催日 2024 年 1 月 12 日(金)~ 2 月 25 日(日) 
場所 市立伊丹ミュージアム

牡丹靖佳は、ニューヨークで絵画を学び、帰国後は国内のさまざまな展覧会に出展しながら海外での活動も継続的に行い、国内外か
らの評価を得てきました。絵画、立体、装画と、創作の幅が多岐にわたる牡丹ですが、核として取り組んでいるのは絵画です。そし
て、時とともに画風と主題に変化はありながらも、一貫して「現実」と「虚構」が重層し、光によって現れては消え、うつろいゆく
世界を画面に留めてきました。その透明感のある色で揺らぎながら現れた木々や花、生きもの、人、風景には、まるで物語の一場面
を切り取ったかのような情緒が漂います。
さらに 2006 年からは、絵画と並行して絵本づくりにも取り組んでいます。これまで絵と言葉の両方を手がけた絵本と児童書を計
5 冊刊行し、豊かな色がきらめきながらも不穏な気配や静寂さが潜む物語世界をつくり上げてきました。その幻想的な世界観は高く
評価され、なかでも『おうさまのおひっこし』(2012 年)は第 24 回ブラチスラバ世界絵本原画展賞にノミネートされました。
美術館では初の個展となる本展では、新作と旧作の絵画および絵本原画を交差させながら約 100 点の作品を展示
いたします。なかでも、幅約 6 メートル、高さ約 2.5 メートルの新作《兎月夜》は、月夜に踊る兎を主役に、天と地、
生と死、虚と実と、相反するものが交錯する深淵な森を描いた大作です。
牡丹が描き捉えた世界の「ゆるやかなうつろい」を、ぜひご覧ください。

詳しくはこちらをご覧ください。

むかしのくらし-むかしのことは 今につながる 未来へつながる-

開催日 令和6年1月 12 日(金)~令和6年2月 25 日(日)
場所 市立伊丹ミュージアム 展示室6

便利なくらしにともなって進化してきた道具たち。今では、使い方がわからなくなってし
まった道具もたくさんあります。本展では、主に昭和の初めから 40 年代までに使われ
ていた道具を紹介し、そのくらしぶりをふりかえります。また、当ミュージアム所蔵のジ
ョルジュ・ビゴーの版画作品をあわせて展示します。諷刺画家のイメージが強いビゴー
ですが、日本人の生活の様子を描いた作品も多く残しています。民俗資料と美術作品
とを、ぜひあわせてご覧ください。
さらに、本展覧会では、初めて、「ハンズオン!!黒電話」と称した黒電話の通話体験や
「ビゴーからのクイズミッション」(ホームページよりダウンロード可)などもございます。
小さなお子さまから大人の方まで、楽しみながらご覧いただけましたら幸いです。

詳しくはこちらをご覧ください。

▲ページの
トップへ