買う(物産)

トップページ買う(物産) > 本・雑貨・ジュエリー

本・雑貨・ジュエリー

伊丹を歩こう

「伊丹を歩こう」

いたみをあるこう

800円(税込)

[詳細を見る]

VITAMIN CITY WE WANT!

「VITAMIN CITY WE WANT!」

びたみんしてぃ うぃーうぉんと

500円(税込)

[詳細を見る]

鬼貫百句

「鬼貫百句」

おにつらひゃっく

1,296円(税込)

[詳細を見る]

伊丹の風景

「伊丹の風景」

いたみのふうけい

第1集 540円(税込)
第2集 500円(税込)
第3集 540円(税込)
[詳細を見る]

文学碑を訪ねて

「文学碑を訪ねて」

ぶんがくひをたずねて

1,000円(税込)

伊丹市内にある約60基の歌碑、句碑、詩碑などに刻まれた作品を詳しく解説したガイドブックです。作者は紀貫之、和泉式部、藤原定家、西行法師、井原西鶴、上島鬼貫、与謝蕪村、若山牧水、斎藤茂吉など多彩。

[詳細を見る]

真鍋禎男「伊丹郷町物語」

真鍋禎男「伊丹郷町物語」

まなべさだお いたみごうちょうものがたり

900円(税込)
伊丹市制施行50周年記念出版。絵は大泉米吉氏。

[詳細を見る]

天野忠幸「荒木村重」

あまのただゆき「あらきむらしげ」

1,620円(税込)

シリーズ「実像に迫る」10冊目として平成29年(2017年)6月1日発行。村重はなぜ信長に反旗を翻したのか、なぜ籠城中に有岡城を脱出し尼崎城に行ったのかなどの謎が、勝者側の見方や後世の作り話などを排し、事実に基づいて客観的に解き明かされています。裏切者、卑怯者といった村重のマイナスイメージが氷解。写真や図が多用されていてとっつきやすく、伊丹市民にはぜひ読んでいただきたい1冊です。

[詳細を見る]

瓦田昇「荒木村重研究序説」

瓦田昇「荒木村重研究序説」

かわらたのぼる あらきむらしげけんきゅうじょせつ

4,000円(税込)

著者の30年にわたる荒木村重研究の集大成。A5判542ページ。

[詳細を見る]

山脇一利「荒木村重史料研究」

山脇一利「荒木村重史料研究」

やまわきかずとし あらきむらしげしりょうけんきゅう

2,500円(税込)

[詳細を見る]

荒木村重研究会報

「荒木村重研究会報」

あらきむらしげけんきゅうかいほう

第5号~第14号各500円(税込)

[詳細を見る]


戻る市立観光物産ギャラリーページへ戻る

  • 食品 food
  • 菓子 confectionery
  • 調味料・飲料・茶 seasoning/beverage/tea
  • 美容・健康 beauty/health
  • 本・雑貨・ジュエリー book/variety goods/jewelry
  • キャラクターグッズ character goods

▲ページの
トップへ