散策する(観光スポット)

旧西国街道

きゅうさいごくかいどう
旧西国街道

京都から西方の諸国へ至るメインルートの一つでした。

辻の碑から伊丹坂の「伝和泉式部の墓」、大鹿の妙宣寺や千僧、宿場町だった昆陽の家並みや、昆陽寺の山門など、今もその面影と風情が偲ばれます。
西国街道とは平安時代、都と大宰府(だざいふ)を結んだ山陽道の江戸時代以後の呼称です。「京道」「山崎通」とも呼ばれました。

▲ページの
トップへ