散策する(観光スポット)

酒蔵の周辺

さかぐらのしゅうへん
酒蔵の周辺

伊丹は清酒発祥の地と言われています。

かつては江戸積酒造の銘醸地として栄華を極めました。将軍家の御膳酒になるなど、旨い酒といえば伊丹、という時代があったのです。
正徳5年(1715年)には72軒の造り酒屋が立ち並び、その財力も相当なものでした。しかし新興生産地の灘にシェアを奪われ、江戸末期から明治にかけて伊丹の造り酒屋は激減、有名な「剣菱」「男山」「松竹梅」などの銘柄も灘や北海道、伏見などの蔵元に移転・買収されて行きました。
酒造会社は2軒を残すのみとなりました(小西酒造・老松酒造)が、現在も往時の芳醇な味わいを受け継いで、人々を楽しませています。
黒瓦と白壁の酒蔵や、いにしえの面影をそのまま残す町並を歩けば、摂州伊丹郷のかつての繁栄が偲ばれます。

▲ページの
トップへ