散策する 酒蔵と野鳥の町 伊丹

トップページ 散策する > 酒蔵の周辺

酒蔵の周辺

さかぐらのしゅうへん

酒蔵の周辺

伊丹は清酒醸造法が確立した土地です。



かつては江戸積酒造の銘醸地として栄華を極めました。将軍家の御膳酒になるなど、旨い酒といえば伊丹、という時代があったのです。
正徳5年(1715年)には72軒の造り酒屋が立ち並び、その財力も相当なものでした。しかし江戸末期から明治にかけて造り酒屋はにわかに激減しました。
酒造会社は2軒を残すのみとなりました(老松酒造・小西酒造)が、現在も往時の芳醇な味わいを受け継いで、人々を楽しませています。
黒瓦と白壁の酒蔵や、いにしえの面影をそのまま残す町並を歩けば、摂州伊丹郷のかつての繁栄が偲ばれます。