行事・イベント

トップページ行事・イベント > アルプスが生んだ絵本画家 エルンスト・クライドルフ展

アルプスが生んだ絵本画家 エルンスト・クライドルフ展

エルンスト・クライドルフ(1863-1956)はスイスのベルン生まれで東ドイツの農村育ち。画家を志しますが、体調を崩して南バイエルンで療養中にアルプスの大自然の素晴らしさに魅せられ草花や虫たちを擬人化した絵本「花のメルヘン」を制作、絵本画家として歩み始めました。本展では、世界有数のクライドルフコレクションで知られる小さな絵本美術館(長野県)の協力により絵本を中心とする作品約200点を関西で初めて紹介します。(写真は『ふゆのはなし』より《宴》, 1924 年 小さな絵本美術館蔵)

入館料は一般800円、大高生450円、中小生150円。月曜休館(7月15日と8月13日は開館し7月16日と8月13日に休館)。(問)伊丹市立美術館tel.072-772-7447

 

開催日 令和元年(2019)7月6日(土)~8月25日(日)
場所 伊丹市立美術館(伊丹市宮ノ前2-5-20)
戻る全体のマップを見る

戻る行事・イベントトップページへ戻る

▲ページの
トップへ