ニュース 伊丹の最新情報

トップページ > ニュース


2011/12/26

来年も「初日の出」は、伊丹スカイパークで!


 一年間の世相を漢字一字で表す『今年の漢字』は、『絆』。この語に象徴されるように、さまざまな出来事があった2011年も残すところあとわずかとなりました。
 来年こそは、希望に溢れた幸せな時間を過ごすことができる一年であってほしいと、心から願うばかりです。

 そこで、そうした思いを「初日の出」に託してみませんか?
 思いを託す場所は、伊丹スカイパークです。

 意外に思われる方があるかも知れませんが、伊丹スカイパークは、伊丹(大阪国際)空港の滑走路に隣接する総面積約9haの公園で、迫力のある飛行機の離着陸を間近かに見ることができる地形になっていることから、「初日の出」を遮るものがありません。

 


伊丹スカイパークから滑走路を臨む 
伊丹スカイパークから滑走路を臨む

 
 このことを利用して、伊丹スカイパークでは、多くの方々に「初日の出」をご覧いただきたいと、今年からお正月の三が日に早朝開園を実施しています。来年も1月1日から3日までの3日間、午前6時から開園しますので、是非ご来場ください。

 

 ちなみに、国立天文台天文情報センターの予報によると、2012年の伊丹市における「初日の出」の時刻は、1月1日午前7時6分です。

 

 詳しいことは、伊丹スカイパーク(072-772-3447)にお問い合わせください。

 


 伊丹スカイパーク2011年初日の出  
 伊丹スカイパークから見た今年の初日の出

2011/12/15

酒蔵羊かん「おにつら」を、伊丹市観光物産ギャラリーでも販売! 


 酒蔵羊かん「おにつら」は、伊丹市中央3の西洋懐石「アンシャンテ」が、「清酒発祥の地・伊丹」をPRする地域ブランド商品として開発し、今年7月から発売されています。

 

酒蔵羊羹

▲酒蔵羊かん「おにつら」

 

 商品名の「おにつら」は、“東の芭蕉、西の鬼貫”と俳聖・松尾芭蕉と並び称される、伊丹出身の俳人・上島鬼貫にちなんで名づけられたもので、岡山県産と北海道産の2種類の白小豆と、伊丹老松酒造の酒粕を使用し、砂糖・寒天で仕上げた、保存料などが無添加の羊かんです。ほんのりとした酒かすの味わいと上品な甘さが特徴で、1本1,300円(税込)です。


 賞味期限は未開封(冷蔵)で3ヶ月、開封後でも2週間あり、手土産にもおススメの逸品で、発売以来、大変ご好評をいただいています。

 これまではアンシャンテと伊丹老松酒造直売所のみの販売となっていましたが、10月15日からは、当・伊丹市観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F)でも取り扱うようになりました。

 いずれか3店の近くにお出かけになられたときは、是非、新しい伊丹のブランド商品をお買い求めください。

○西洋懐石「アンシャンテ」(三軒寺前広場すぐ)  TEL072-777-2741
○伊丹老松酒造直売所(三軒寺前広場前)       TEL072-782-2470
○伊丹市観光物産ギャラリー(JR伊丹駅2F)        TEL072-770-7060

2011/12/01

伊丹に夢空間が出現!『クリスマスのまち灯り』が実施されます。


 12月17日(土)~25日(日)の9日間、日没から午後9時頃まで、今年も伊丹酒蔵通りで『クリスマスのまち灯り』が実施されます。


昨年の様子(伊丹大溝跡で)
▲昨年の様子(伊丹大溝跡で)

 伊丹酒蔵通りは、JR伊丹駅と阪急伊丹駅を東西に結ぶ歩行者優先道路で、沿道には、歴史の香り豊かな酒蔵やお寺をはじめ、飲食店を中心とした現代風のおシャレなお店が並んでいます。

  『クリスマスのまち灯り』は、こうした沿道周辺の商店主の方々により組織される伊丹酒蔵通り協議会の主催で平成19年度から始まり、今年で5回目を迎えます。今やすっかり冬の風物詩として、たくさんの人々が心待ちにされるイベントに育ってきました。

 当日は、JR伊丹駅にほど近い本泉寺から三軒寺前広場手前の伊丹老松酒造に至る約400mの沿道の両側に、手づくりの行灯(あんどん)にサンタやトナカイ、クリスマスツリーなどのクリスマス・イルミネーションを組み合わせたオブジェが整然と置かれ、ほのかな灯りを通して光と影が織りなす絶妙のハーモニーを楽しむことができます。

昨年の様子(白雪長寿蔵前で)
▲昨年の様子(白雪長寿蔵前で)

昨年の様子(本泉寺前で)
▲昨年の様子(本泉寺前で)


 ぜひ、あなたも伊丹のまちなかに出現するファンタジックな夢空間を、ご自身で体験してください。